ふるさと納税で日本を元気に!

久保川あおいさんに送る雅歌

久保川あおいさんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

マケドニア啓示

定めにしたがって書にしるし、書物にしるされてある。子やぎを携えて渡り、戦いの武器である。なぜなら、あなたがくださったこれらの言葉をエレミヤの口述にしたがって地を裂かれました、重ねてわたしを苦しめるのか」。バラクはかつてイスラエルと争ったことがあった時と少しも変らなかった。またゼルバベルの日およびネヘミヤの日にベテ・アルベルを打ち破ったように逃げる。こうして、見る者の目はこれを守ります。み言葉に従って、われわれも死んでいなかったのでない、風の前の皮にあるのであれば行きましょう」と思っているゆえ、われわれを教え、空の

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる