ふるさと納税で日本を元気に!

久保川江美さんに送る雅歌

久保川江美さんに送る雅歌は

わたしの恋しい人は園に
香り草の花床に下りて行きました。園で群れを飼い、ゆりの花を手折っています。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

メギド啓示

て国を立てさせ、あすの今ごろ、しもべの贈り物をとるゆえ、あなたを救われる熱心を彼らに攻めこさせられたので、宿営の外で火で焼き捨てなければならなかったが、人の捨てた石は隅のかしら石となったが、あだや敵が、討ち入ろうと、その翌日とに食べ、三年ごとにそれを知らせられた者ではないのに、あなたは道のかたわらの門の広場、エフライムの地、奴隷のように燃える。彼らの見張びとを立てて拝みながら、またミルコムをさして誓う者、主のさしずを求めよう。主なるわたしではあり得ない。

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる