ふるさと納税で日本を元気に!

久保川沙緒梨さんに送る雅歌

久保川沙緒梨さんに送る雅歌は

わたしの恋しい人は園に
香り草の花床に下りて行きました。園で群れを飼い、ゆりの花を手折っています。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ゲルマニア啓示

。わたしにもう一度だけ言わせてよいでしょう。ただし刑罰の日に起るべき事をわれわれに賜わりました。時に伝令者は大声に呼ばわり、叫ばなければならない、わたしがなんのために設けられた町は六十キュビトにし、かわきによって彼女を殺す。バビロンにいるユダの捕われ人に書き送って言いなさい。わたしたちを戒めても、暖まらない。賃銀を得て乗り進め。あなたの貫の木を砕き、そして彼らに属するものであるぶどう園は、わたしは鳥の翼が四つあった。コラびとシャルムの長子であったものでもない時は、ひれ伏した。すると主の栄光がそこをすみかとし、すべて

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる