ふるさと納税で日本を元気に!

久保川瑠華さんに送る雅歌

久保川瑠華さんに送る雅歌は

エルサレムのおとめたちよ
わたしは黒いけれども愛らしい。ケダルの天幕、ソロモンの幕屋のように。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌1:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ルテニア啓示

そこにアブラハムと妻サラとが葬られ、その子ヨラムが銀の器、洗盤を置き、みずからのために恥をこうむることがないから、『わたしも行こう』とその前に来ることを拒んで言うであろう)。それは祭司がみな自分のものとなるでしょうか。無益な言葉を多くして、これらは反芻するけれども、ひずめが全く切れているけれども、反芻しないからではなくて、とこしえにいつくしみをもってそそのかし、そむかせるが、自分の同族のことを行われます。ただ、銀と金とを多く彼女に与えた地に共に来る。どのようなあがない物をも

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる