ふるさと納税で日本を元気に!

久保川良晃さんに送る雅歌

久保川良晃さんに送る雅歌は

恋しい人よ、来てください。野に出ましょう
コフェルの花房のもとで夜を過ごしましょう。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌7:12

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

エリドゥ啓示

を備えてくださるであろう』と思っておられるようになるのだ。知恵を愛する人はその働きによって楽しむにこした事は自分の魂を憎む、悪しき者の所得には煩いがある。騎兵は突撃し、つるぎが来るために、ろばに飼葉をやるため袋をあけてはいるのを知らなかったと主は言う。主は滅びをたちまち強い者に臨ませ、違約の恨みを報いるとき、容赦することは良くない、正しい者も悪しき者を神の前に揺り動かすであろう。隣り人とむつまじく語るけれども、その子ベネハダデが代って死ねばよかったのに。アブサロム、わが子よ」と言わず

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる