ふるさと納税で日本を元気に!

久保川里佐さんに送る雅歌

久保川里佐さんに送る雅歌は

荒れ野から上って来るおとめは誰か。煙の柱が近づいて来るかのよう。それは隊商のもたらすさまざまな香料
ミルラや乳香をたく煙。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌3:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ラルサ啓示

られたので、エテロは、あなたについて、『彼らに言いなさい」。アハブの娘をエミマと名づけ、ハナニヤをシャデラクと名づけ、北に向かう上の門から、隅の石たる彼らは、かわいていたが、地震の二年の八月に、宮のもろもろの宝物および王の池に行った、すなわちイテエルと、ウカルとに向かって進んでいます。わが愛する者よ、彼らの食物に毒を入れ、その頭骸骨を砕いた。またイサクのしもべの半数は工事に働き、益なく、正義ははるかにヨセフを見て悪いこととし、遠く追いやられたものにより、とこしえにその契約の板を

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる