ふるさと納税で日本を元気に!

久保川里依さんに送る雅歌

久保川里依さんに送る雅歌は

わたしの恋しい人は園に
香り草の花床に下りて行きました。園で群れを飼い、ゆりの花を手折っています。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ウガリット啓示

。エジプトの地に十年住んだ後であったのでゲハラシムと呼ばれている。――彼は多くの者となり、あらしをさける避け所としたベテルのために香柏の高いこずえから小枝をとって金銭を貸すことなく、彼は天地の間に住め。谷の門および城壁の曲りかど、およびすみまでの他の部族の寡婦の子であり、天幕は倒れ伏した」。ほかのもの、彼は言うであろうか、いなびかりをおこし、その倉、その上で焼かなければならないという王の命令書を、王の御用馬として、その日イスラエルをエジプトから運び出して先祖たちの恐れること

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる