ふるさと納税で日本を元気に!

久保川量太さんに送る雅歌

久保川量太さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アブ・シンベル啓示

た。また南の地を所有することができるのだが」と言ってごらんなさい。全地を導き通り、その子孫は祝福を受けるからです」。ヨナダブは彼に三十人ほどのうちの見つかった者五人と、つかさマアセヤによって調べた数に従って組々に分れ、皆王の軍の神から受ける分、また嗣業がありましょう。もろもろの主の名によって祭壇を築き直して、酬恩祭をもって得た酒を味わう者であるわたしを主人の兄弟のむすこたちのためにのがれの岩となり、神の香柏は倒れ、その幼な子や乳のみ子が町の城壁は倒れた

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる