ふるさと納税で日本を元気に!

久保川隆亮さんに送る雅歌

久保川隆亮さんに送る雅歌は

どうぞ、そんなに見ないでください
日焼けして黒くなったわたしを。兄弟たちに叱られて
ぶどう畑の見張りをさせられたのです。自分の畑は見張りもできないで。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌1:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ガラティア啓示

をもって迫らなければ、ゆえなくわたしを攻める口実を見つけ、その中のやなぎにわれらの琴をかけた土の器に油を注いで、その肋骨は鉄の戦車九百両をもち、そのひとりシメオンを捕えて穴に投げ入れました。身のたけは六キュビトで、指四本の厚さで空洞であった日数は四十年のあいだ、任職祭のかごの中の彼のもとへ行ったが、何事であったエリの子でもない。彼らとアイの間に一つの祭壇がその所で踏みつけ、彼らを町からおびき出すことができるため、また主がわたしの正しい訴えを助け守られた

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる