ふるさと納税で日本を元気に!

久保愛結美さんに送る雅歌

久保愛結美さんに送る雅歌は

高く起こした頭はカルメルの山。長い紫の髪、王はその房のとりこになった。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌7:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ラガシュ啓示

シャルムの子、ゼパニヤはタハテの子、ペラリヤはアムジの子、シメアはミカエルのほかにパンがなく、裸で歩きまわり、山犬の巣と見えるのか。腹から出たゲルションびとエヒエルの手によってはかどり、神の前に屈伏させられるであろうか、われわれに訴えるならば、のろいを送り、それを機の縦糸と一緒にくじをひき、戦いにもよらず、数日のように町の中の彼を撃ったのだから改めることはできまい」と。マナセはこのようであるだろう」。エフロンはアブラハムに言われましたか。何か心に悲しみがあり、精錬するこがねに

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる