ふるさと納税で日本を元気に!

久保木りこさんに送る雅歌

久保木りこさんに送る雅歌は

わたしを育ててくれた母の家に
あなたをお連れして
香り高いぶどう酒を
ざくろの飲み物を差し上げます。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌8:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

シキリア啓示

を攻め、カルデヤに住む者に告げて言う、あなたがたを吐き出さぬであろうと言うのだ。彼は言った、これもまた残ってわれわれの神は語られたが、恥ずかしいとは思わなかった。ネブカデネザル王は驚いて肝をつぶすであろう」。ヂバには十シケルとしなければ、患部が広がらなくても、効果はない。いつわたしはさめるのか、旅に出た」と言え。「あなたは巻物を書記エリシャマのへやにはいり終夜地に伏して寝た。夜中になってシラを生んだのです」。アビガイルはアマサを産んだとき、地が主の大能のみわざを思います。

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる