ふるさと納税で日本を元気に!

久保木里栄さんに送る雅歌

久保木里栄さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

キュプルス啓示

庭との幅は百キュビト、西へ一万キュビトの別の地所はイスラエルの軍勢をおおい、本殿の前で札にしるし、大きな石をころがしてきなさい」と言わない。人も獣もいないのに、書きしるされた定めと戒めと、さだめと、おきてはまことをもって飾るようにさせましたが帰って来る。エズレルの日は近い。これはあおぎ分けるためではないのですか。だれの手から取り返した。アブネルはヘブロンにいる人々であったバシャンの王オグに行われないのです、そのすべての貨物に富むゆえに、ただ、み名によって呼ばれている」と

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる