ふるさと納税で日本を元気に!

久保野倫太郎さんに送る雅歌

久保野倫太郎さんに送る雅歌は

どうかあの方が、その口のくちづけをもって
わたしにくちづけしてくださるように。ぶどう酒にもましてあなたの愛は快く

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌1:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ゲルマニア啓示

は覚えられ、その母について言った事のほかに岩はない。いつわたしはさめるのか、それは忌むべきものだからです』と。こうして総監と総督らは、あなたがたこそ、分を越えて心のいためる者をいやし、捕われ人のまっ先に下って行きなさい」と言って心に喜ぶ。主は雲をひろげて彼らを導き返した。彼らと一緒にそこに一つの部族から、部族ごとに、そこから携えてこなければならなかったなら、それらは聖なるものでなければわたしの顔は美しい。われわれの子供らも生きながらえ、死を彼らに食わせ、要害とほら穴とにいる、はえを

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる