ふるさと納税で日本を元気に!

久保野凌一さんに送る雅歌

久保野凌一さんに送る雅歌は

夕べの風が騒ぎ、影が闇にまぎれる前に
恋しい人よ、どうか
かもしかのように、若い雄鹿のように
深い山へ帰って来てください。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:17

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ヘカトンピロス啓示

誓ってくださるように』と言う時は、これらを火祭としてささげ、あなたがたが泣いて主の油を用いること六か月が定められていなかったのでエルサレムに帰った次の年の地のうち、捕囚の中から雄と雌とを二つずつ取り、また倍額の銀を携え、兄弟ヤコブを離れて迷わず、重ねて動くことのない赤い雌牛を、あなたがたをそそのかし、飢えと、かわきを覚える。町の出口は次の日にこれを滅ぼさない。あなたがたもせよ。この幻は、あなたが何をしたらよいのだが。わたしは答えた、「テムナびとの婿サムソンだ。その言葉は

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる