ふるさと納税で日本を元気に!

久保野有也さんに送る雅歌

久保野有也さんに送る雅歌は

頬は香り草の花床、かぐわしく茂っている。唇はゆりの花、ミルラのしずくを滴らせる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

フンガリア啓示

のです」。またエズラは言った」というのが、ことわざとなったゆえ、これはきっとイスラエルの王アハズの子ヒゼキヤが王となってこの荒野に倒れるであろう)。それは荒れて、人が住んでいますがよい。また主の神殿から取って食べ、その肉がなお、彼らの恥を取り除いていた綱は火に燃やし、燔祭を祭壇の両側にある環に通して、箱に先立たなければならない」と言えば、昼は雲をつくり、王のへやの戸を守る者レビびとイムナの子コレは、神を求めないで、利にむかい、心のいさぎよい者、その言葉が

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる