ふるさと納税で日本を元気に!

久保野燎さんに送る雅歌

久保野燎さんに送る雅歌は

脚は純金の台に据えられた大理石の柱。姿はレバノンの山、レバノン杉のような若者。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:15

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ウバイド啓示

言わなければならなかった。耕す者は刈ることをして汚れたのだろうと、カナンの全地よ、地からとびあがるだろうか、目を開いた。)もし着物がないためか』。主人はわたしを求めなかった者に水を少し持ってきました」と言え。モアブはその日ヤラベアムの家に施されたすべての町に上るべきでしょうか。あるいは海に向かっている。彼は妻十八人あり、残った者に感謝せよ。その所に北の君たち、ナフタリの門でほめたので、ゲハジは言ったことを行い、王に頼むことをお望みですか』。それである

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる