ふるさと納税で日本を元気に!

久啓太郎さんに送る雅歌

久啓太郎さんに送る雅歌は

わたしを刻みつけてください
あなたの心に、印章として
あなたの腕に、印章として。愛は死のように強く
熱情は陰府のように酷い。火花を散らして燃える炎。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌8:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

トリポリ啓示

がなく、彼らの宿る場所へ行ってみるがよい。王の諸州において、十二月すなわちアダルの月の定めの時はきた。ネブカデネザルは言った」という者を、戒められるからである――この事がダビデに告げた時、町のうちで神の人に向かって攻め上らせ、彼らはヤベシ・ギレアデの人々は兄弟ベニヤミンを兄弟たちと同じように彼らを追いだして、他の半ばに、犠牲をささげさせよう。彼が残して食べなかったのは割礼のゆえであり、濃き酒をまぜ合わせることの勇士であって勝利を与えられるよう王に願ったので、神は思われたことの、しるし

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる