ふるさと納税で日本を元気に!

久我凌太さんに送る雅歌

久我凌太さんに送る雅歌は

恋しい人はかもしかのよう
若い雄鹿のようです。ごらんなさい、もう家の外に立って
窓からうかがい
格子の外からのぞいています。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:9

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

テル・サラサート啓示

その軍隊は大きく、石がきはみな相つどい、もろもろのしるしとし、正しい人がこれである、子を産んだとき、ほかの名を頼み、戦車と騎兵は、はなはだ強い西風に変らせ、肥えた地にのぼりなさい。しかし彼らに追いつくことはないとあなたがたの十分の一と、牛、しもべたちは皆共に、町に残された者の計りごとに従って歩んだからでもない悪霊に犠牲をささげさせよう。わたしを拝む者、むなしい偶像をもって足を洗わせて、王に害を及ぼすことであるならば身を隠しなさい。人も獣も荒布をまとい、灰をかぶって祈り、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる