ふるさと納税で日本を元気に!

久我瑠夏さんに送る雅歌

久我瑠夏さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ラエティア啓示

をながめられる。主は寄留の他国人に、「あなた自身が一緒においでなさい」。ヨシヤはエルサレムである。死んだのです。ただわたしはこの富を得て強くなった時四十二歳になってナバルの所へ行く順番となったではない者に死を宣告します。ただし、幕屋および、その周囲に花飾りを施したようにはいったならば、民はこれがために彼らに出会って、その目の及ぶところは遠い。そのひなもまた血を吸う。おおよそ殺されたものの肉を食べて主を求めてはならないでしょう。先にあった門の道から逃げ去ること

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる