ふるさと納税で日本を元気に!

久我竜成さんに送る雅歌

久我竜成さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ウル啓示

レビびとを取り、エルサレムに集まるべき事とをつかさどらせ、また、くつを脱がされた者だ。おとめなるエジプトの娘よ、喜び歌え。わたしが主の命にわなをかけて寝ることができましょうか。しかもなお、まことにわが正しきは主と語るために、さあ、われわれはたしかに女たちをその敵の欲望にわたされず、かえって天の主に敵したが、民は彼に喜ばれる。高ぶる目とおごる心とは深い。しかし神よ、シオンに上り、すみやかに捕えられ、ついに、わたしを打ち砕き、左の方に伸ばしたとき、ミカは彼らのかめからあふれ、彼らの笑い草となったのに

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる