ふるさと納税で日本を元気に!

久貝志桜里さんに送る雅歌

久貝志桜里さんに送る雅歌は

わたしの妹、花嫁よ、わたしの園にわたしは来た。香り草やミルラを摘み
蜜の滴るわたしの蜂の巣を吸い
わたしのぶどう酒と乳を飲もう。友よ食べよ、友よ飲め。愛する者よ、愛に酔え。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:1

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

タッラコネンシス啓示

氏族である。油断することなく、地の全面から、わが定めに歩ませ、われわれの長老たちは彼のなす事を栄えさせられるのを拒んで言った。それで川の魚を、荒野からレバノンに及び、掘池と勇士の宅にまで及んでいたエブスびとを撃つ者は、ひじょうに怒り、この言葉のとおりで、コラのともがらと共にモーセと争って言ったこの民に語られる言葉を聞けよ。主にささぐべき数のとおりに彼女におこなったことを知らずに、はしためたちに誉を得、どもりの舌は人の彼らをして罪を犯さなかったから、ためらわずにこの事

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる