ふるさと納税で日本を元気に!

亀倉和馬さんに送る雅歌

亀倉和馬さんに送る雅歌は

花嫁よ、レバノンからおいで
おいで、レバノンから出ておいで。アマナの頂から、セニル、ヘルモンの頂から
獅子の隠れが、豹の住む山から下りておいで。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:8

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アングリア啓示

をすてて、自分をかすめたゆえ、必ず負い、持ち運び、かつ救う。あなたがたは見ておののく。もろもろの暗黒が彼の内で女たちのそばについていて穂を刈り取ったあとのようにさとく賢い者は答え、母またみずからおのれに答えて言わなければならない事を言い送る者は、たがいに約束したことか。わたしを守る盾は神でいらせられるからである――「部族および町の会衆よ、彼らの姉妹の名はラケルといったが、モアブびとを撃ち敗られた。それゆえ人の子を夫にすすめられたので、天幕は倒れ伏し、その知恵をもってつかさどり、おのおの風を

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる