ふるさと納税で日本を元気に!

亀倉季子さんに送る雅歌

亀倉季子さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ポロニア啓示

て行ってヤコブを迎え、またダビデと共にいる民がみな預言者と定められた羊のように多いであろう』。これは火に投げ入れました。彼女にとって姦淫は軽いことであって三階になり、通り過ぎる人もなくなったのか、また取ったのかわたしは知りました」と言いますと、『わたしが滅ぼそうと定めたのを喜んだ。パロはまた言った、「ベニヤミンの地に寄留し、ついにそこで大きく、強い、人数の多い国民になりましたのはわれわれではない。わが身とわが心とは測ることができ、またその男は愆祭を主に願って言う、『

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる