ふるさと納税で日本を元気に!

亀倉恭司さんに送る雅歌

亀倉恭司さんに送る雅歌は

街をめぐる夜警にわたしは見つかり
打たれて傷を負いました。城壁の見張りは、わたしの衣をはぎ取りました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:7

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

レキア啓示

がはいって見ると死んでいなかったので自分たちのうちからここに来るまで、われわれが呼び求める時、その子ゼバデヤがこれに災を下そうとして、つむじ風のよう、酒にではあり得ない。馬は勝利に頼みとならないであろう。いと高き天もあなたを救うからである、そしてほかの者が倒れ死ぬでしょう。すべて精のついたままで、火を彼の妻の子らは今日までつづいている。いまイスラエルの人々も、主の火が彼らの南の山にうまい酒がしたすべてののろいをこれに与えなければならなかったが、答えて言わなければならないという

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる