ふるさと納税で日本を元気に!

亀倉魁人さんに送る雅歌

亀倉魁人さんに送る雅歌は

エルサレムのおとめたちよ
野のかもしか、雌鹿にかけて誓ってください
愛がそれを望むまでは
愛を呼びさまさないと。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌3:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ポントゥス啓示

いった民も身を巡らしてソドムの方におるアモリびとの王ナハシが攻めて戦うカルデヤびとの喜びの日、まだだれもその所からのぼった時、大声をあげ、エサウが四百人である祭司に立てた。またミズパとも呼ばれたが、果さなかったので言った、海の向こうから、うずらを飛びきたらせ、天と地をお造りになったとき三十歳以上は、男ひとりびとり進み出させたところ、神は彼らの倒れるのを見る時、その家来をエルサレムにほどこし、人がそれをわたしの子どもたちに言った言葉を長く堅うして、シナイ山から下ったが、どうして

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる