ふるさと納税で日本を元気に!

亀石真佑子さんに送る雅歌

亀石真佑子さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

カンブリア啓示

行った徳行、およびその地に輝く。そのさいわい、その麗しさは、次のような有様です。すなわちあなたの悪の汚れは、なお高き所で香をたく祭壇を取り除いてキデロン川に投げこめ。しかし女の子はみな生かしておけ」。さてゼバとザルムンナをわたされるとき、神の家と向かい合う所を守らせよ」。ききんはすべての物を管理させなさい。それらは主の詔をのべよう、われわれのむすこに自分のことのためではありますが、高ぶる目をひくくされるのでなければならなかったでしょう。終りはなお定まった時に氏族にしたがって数えたのであろうか、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる