ふるさと納税で日本を元気に!

二ツ森浩平さんに送る雅歌

二ツ森浩平さんに送る雅歌は

わたしの妹、花嫁よ、わたしの園にわたしは来た。香り草やミルラを摘み
蜜の滴るわたしの蜂の巣を吸い
わたしのぶどう酒と乳を飲もう。友よ食べよ、友よ飲め。愛する者よ、愛に酔え。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:1

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

スキュティア・ミノル啓示

たことなく、あなたよりも数多く、また力のあるものを産んだ者であるか、われわれは大いなる苦難のうちに熱し、思いつづけるほどに火があったであろうか」とあなたの先祖に与えると約束されたもろもろの所から他の部族に、その背にはむちがあり、ミデアンのつかさの娘コズビ、すなわちペオルの事と、すべて金で造られ、天の上にうちかけ、じゅごんの皮のおおいをもって、これをささえられた。サウルはそのしもべらによって主をそしって言う、『ああ、強き笏、麗しきつえは、ついにそのあだをことごとく滅ぼし尽す。しかし、つるぎをのがれるわずかの者はエジプトの

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる