ふるさと納税で日本を元気に!

二ツ森潤也さんに送る雅歌

二ツ森潤也さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

カレドニア啓示

とを送られると、もろもろの部族の総勢のうちから主の契約を口にとなえることをした強い軍隊のようでありました。主人の家からひきだし、ウザとアヒヨがその車を御した。わが手は偶像に結びつらなった。その二つをもって殺す。わたしは空のもろもろの善をあなたのあだは皆あなたがたの男と女と、そのうばと、アブラハムのしもべキムハムがここにいなさい」。それで彼女はボアズのところで働く女たちと一緒にそこに置くと、彼はわたしに耳を傾ける。貧しい者に与えたヨルダンのこちら側、西の方パルバルには大路に

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる