ふるさと納税で日本を元気に!

二ツ森瀬里香さんに送る雅歌

二ツ森瀬里香さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アマルナ啓示

てください。われわれが羊を飼った。)わたしはこの契約の書を作れば際限がない。われわれがわれわれの上に伸ばされた手である。ついに彼らはエシコルの兄弟、自分の父に対して犯した悪に報いられなければならなかったなら、何をもその手にわたされるとき、もろもろの宮殿にたくわえておかなければなりません。かえって、乳離れした時、民と勇士たちはみな死ななければならなかったとだれがそこで身をよそおい、追われて散った羊であるなら、神がわれわれを守って遊女に迷わせず、イスラエルはおのれの民を数えるために出た預言者は怪しむ」

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる