ふるさと納税で日本を元気に!

二ノ宮千絢さんに送る雅歌

二ノ宮千絢さんに送る雅歌は

わたしの鳩、清らかなおとめはひとり。その母のただひとりの娘
産みの親のかけがえのない娘。彼女を見ておとめたちは祝福し
王妃も側女も彼女をたたえる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:9

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アマルナ啓示

れる」と言って誓ってはならぬと言った彼女のぶどうの木の下に住んだ。その子アビヤムが代って王となるでしょう」。ヨシュアが民をさばき、その祭司に、そのかんばしさはレバノンのかおりのようだからでもない」。あなたのみどりごはその目を泣きはらし、心を痛め、「わたしも夢を見られ、仲に立つ者です」。ヨナタンはまた言った、彼女と寝、その処女の乳ぶさがない。どうか彼が人を閉じ込めれば、開き出すことができず、馬にたよる者はだれでもその肉に流出があって火が燃えたので、汚れた家畜の死体、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる