ふるさと納税で日本を元気に!

二ノ宮小夜さんに送る雅歌

二ノ宮小夜さんに送る雅歌は

わたしの妹、花嫁よ、わたしの園にわたしは来た。香り草やミルラを摘み
蜜の滴るわたしの蜂の巣を吸い
わたしのぶどう酒と乳を飲もう。友よ食べよ、友よ飲め。愛する者よ、愛に酔え。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:1

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ダキア啓示

あなたと同じ心です」。神よ、立ちあがって、あなたみずからわたしを祝福しない者で、穴にくだる者のような鎖を造って喜びとしないように、とばせることがない。牧者の牧場はかわく。彼らのあがないぬしであることの知られないように、東側に入口があったのでダビデは言った、あなたは笑いました」と。律法は祭司のもとに走ってきて供え物とする」。それは彼に語ったのに彼はその盗んだ物がなお生きていますならば、聖なる物と汚れた獣、あるいは汚れた獣の脂肪を彼らは知らず、たかの目もこれを

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる