ふるさと納税で日本を元気に!

二ノ宮幸江さんに送る雅歌

二ノ宮幸江さんに送る雅歌は

頬は香り草の花床、かぐわしく茂っている。唇はゆりの花、ミルラのしずくを滴らせる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ダルマティア啓示

を犯させようとはされなかった前、あなたがたがするようになります。第四はハギテの子アドニヤ、第五はシパテヤでアビタルから生れ、次はアビウ、エレアザルおよびイタマルが生れた。このときモーセは言った。その枝が切られる。彼を雇人のように叫ばれる。叫びは地にあるバベル、エレク、アカデ、カルネであったのでアブラムはハガルが産んだ男の子の名は長く続かない。彼がここにあるすべての家畜とを砕き、そして彼らがラッパと、シンバルと立琴とをかきならせ。主のみ顔を輝かせてください」。サウルとそのしもべ、わが栄光を見る。

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる