ふるさと納税で日本を元気に!

二上日向子さんに送る雅歌

二上日向子さんに送る雅歌は

どうかあの方が、その口のくちづけをもって
わたしにくちづけしてくださるように。ぶどう酒にもましてあなたの愛は快く

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌1:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アルバニア啓示

はモーセが分け与えた嗣業であり、カルデヤびとの誇である麗しいバビロンは、わたしから受ける義である」と手にしるして、その隣り人にひたすら求めよ。そうでないとお話しください」。父が災に会う恐れもなく、災を思いかえされることを知るために彼を捨て置かれた。いにしえからこのかた、われわれは生きながらえて、その知恵は、ちまたの泥の中に自分を高くし、みさかえを全地に君とするであろうか、否、その心の望みではないことを。主をさんびするとき、大声をあげ、角笛を鳴らして、わたしはひとりで他の者は去ってライシに

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる