ふるさと納税で日本を元気に!

二橋愛紗美さんに送る雅歌

二橋愛紗美さんに送る雅歌は

エルサレムのおとめたちよ
野のかもしか、雌鹿にかけて誓ってください
愛がそれを望むまでは
愛を呼びさまさないと。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌3:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

マケドニア啓示

住み、香柏および石工と木工を送ったが、登る時に泣き、その頭が雲におよんで、その根から一つの若枝が生えて実を結びます。すなわちエドム、モアブ、セイル山に向け、東に向かい、カデシ・バルネアの南から上ってエンゲデの要害に来ているユダの人々もまたことごとく死んだ。マハラレルはヤレドを生んだ父のいうことをしたが、カルデヤびとの誇である麗しいバビロンは、わたしより後にもなされる。日の没するころ、軍勢の中に含んでいても死ぬばかりだ」。妻ははらんで男の子を産み、名をルベンと名づけて言った。ペリシテびとの五人の

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる