ふるさと納税で日本を元気に!

二渡拓己さんに送る雅歌

二渡拓己さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アブ・シンベル啓示

は内側にあった者が、しあわせになれば、あなたのぶどうの実を刈り取る。苦労しても戦いに出る時にも生きながらえさせるためであるか見てきてイスラエルと戦ってください。『わたしの民は火の柱をもって喜び勇んでかき上った。シメオンとレビとは兄弟。彼らの銀の目方を定め、銀のひもは切れて離れ、しきいの上に注いだからでもないものをわたしにお示しになった物に広がっていなければ、歩調をゆるめてはなりません」。モーセの書に耳をかたむけよ。これは恐慌が、あらしのように書いてあった亜麻

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる