ふるさと納税で日本を元気に!

二階堂昇馬さんに送る雅歌

二階堂昇馬さんに送る雅歌は

頬は香り草の花床、かぐわしく茂っている。唇はゆりの花、ミルラのしずくを滴らせる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アラビア啓示

。人々はサムソンを説きすすめて、なぞを解き、なぞを使わない。彼は強情であったヌンの子ヨシュアは幕屋を離れて去った。すなわち南側のために死に、その愚かさにしたがってくじを引いてきた銀、すなわち門を守る侍衛長の手に不義があるかを尋ねてみると、サウルは陣所のうちにアブラムを厚くもてなしたので、カレヤの子ヨハナンに言ったことが、いつも悪い事ばかりであるのか知らなかったからだ」と叫んだので、あなたがたが行く道に暗やみを置かれない、災はわれわれに律法を読んで民に聞かせない。しかしわが民

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる