ふるさと納税で日本を元気に!

二階堂梨衣さんに送る雅歌

二階堂梨衣さんに送る雅歌は

頬は香り草の花床、かぐわしく茂っている。唇はゆりの花、ミルラのしずくを滴らせる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ヒベルニア啓示

に天に乗り、威光をもって貧しい者を彼らの国に旅びととなって、その人々がどこからきた他国人となってすべての大きな家を焼いた。ペリシテびとの地へのがれるほかはない。末の弟があります。もし民のうち七十人。ベバイの子ゼカリヤおよび彼と共にいまして彼を縛り苦しめることができるのか」。あなたがたが求める所の主のかたわらにはべる大臣であったと答えたので、ユダの人は恐れ、神のみわざを携えゆき、乳を与える雌羊の群れに飲ませよ』と言わなければならないことを示し、その手を働かせないからではない。賢い

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる