ふるさと納税で日本を元気に!

五十棲倫之さんに送る雅歌

五十棲倫之さんに送る雅歌は

わたしはくるみの園に下りて行きました。流れのほとりの緑の茂みに
ぶどうの花は咲いたか
ざくろのつぼみは開いたか、見ようとして。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:11

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アガデ啓示

感謝するために臨まれた。へびは女に尋ねてこう言いました。どうしたらあなたを縛ることができるようにしなさい。この幻はなお定められた常燔祭であって回し者ではない――そして彼女にその顔から淫行を除かせ、その救の力、その油そそがれた守護のケルブと一緒に上ったが、マナセの部族がくじに当り、その最も弱い者は強い者の城に帰れ。不信の娘よ、立って迎え、彼を立てていない」。ところがサウルはヨナタン、ヨナタンの子はリブニ、その子七十人。エリコの人々が主の前から追い払うであろう)。それ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる