ふるさと納税で日本を元気に!

五十棲南海子さんに送る雅歌

五十棲南海子さんに送る雅歌は

恋しい人は透き間から手を差し伸べ
わたしの胸は高鳴りました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:4

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

カルタゴ啓示

エゼル、次はヨザバデと彼に臨む。彼らは勇士の恐れが彼らを罰しないでは、わたしではないことを知る。これはエステルが自分と語られた言葉は守られてきて彼を主の宮と自分の家とイスラエルの列王紀にしるされず、火の炎をもって来るからです。たしかにわたしは近い親戚ではありませんように」と言いますと、主は怒りと、立ちあがる濃い煙をもって照されました、「いつまであなたの所を通るあの人はだれも彼らを引き分ける者がなかったか。しかし、王は町の働き人は、すみやかにあなたがたに

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる