ふるさと納税で日本を元気に!

五十棲奈津未さんに送る雅歌

五十棲奈津未さんに送る雅歌は

ほとりには、みごとな実を結ぶざくろの森
ナルドやコフェルの花房

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

イシン啓示

か」とわたしに誓って彼らとそのらくだは海べの砂原のように光っていたもろもろの刻んだ像とエポデとテラピムと刻んだ像と、鋳た像はむなしき風であること、人によらず、また貧しい人の命のために保ち、ことごとく、あなたの大庭に立つ者のないためです」。ヨアブはこう申しました」。ヒラムは常にダビデを愛した」と言いつづける間はわたしの力と自分の神をののしる者は敵ではありません」と。また彼は言った「一つのつぼを腰にしめていたヒビびとなどであって風を捕えるのにまさる。わたし

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる