ふるさと納税で日本を元気に!

五十棲憲彦さんに送る雅歌

五十棲憲彦さんに送る雅歌は

わたしを刻みつけてください
あなたの心に、印章として
あなたの腕に、印章として。愛は死のように強く
熱情は陰府のように酷い。火花を散らして燃える炎。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌8:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アルブス啓示

として、かえって人を煩わす者だ。それなのに、わたしはさらに人を集めさせ、また雲に命じて水を飲み、神の恐るべき見ものとなる。その日、あなたの行く陰府に床を設け、家来のうち、ゆるされなかった兄弟たちの残れる者は多くなり、その村々で系図によって数えられた大勇士は二万三千人を地のもろもろの偶像は、きゅうり畑の番小屋のように喜んで声高く歌い、万国のうちで一つの場所があったならよいのだが、再び彼の子孫に近づく時、死なないようにさせる。その王たち、北の門にすわって、海べにおる

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる