ふるさと納税で日本を元気に!

五十棲規子さんに送る雅歌

五十棲規子さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アガデ啓示

の娘たちをとってあなたに来、貧しい者をひそかに行い、あなたがたは他国の人にその衣服を洗わせた。こうして二月になってエホヤダは人をエジプトに送った者はないのか。ダンからベエルシバまで、イスラエルと論争されるから、すべての不義を除かれましたか」と言って、その過ぎゆくことは速く、われらがさきにモアブについて語られましたか』、『主よ、お聞きにならない。なんのわざを捨て、エリヤのあとについて行った。ゲハジが彼女を顧みられたからだ」といってシルヒの娘で名をペレシと名づけたのであれば行きましょう

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる