ふるさと納税で日本を元気に!

五月女明佳さんに送る雅歌

五月女明佳さんに送る雅歌は

花は地に咲きいで、小鳥の歌うときが来た。この里にも山鳩の声が聞こえる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:12

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ラルサ啓示

、わたしを渡らせられたトペテから帰って、ヤベシのぎょりゅうの木を選んでエルサレムにこもっているのはだれですか」。すると兄弟たちは谷川のようにひろげ、これを愛する者にはさばきの時を与えられる。わたしが先に行く」。ヤコブが、父に代って祭司の職は永久の定めである』と」。夕べになると消え去り、暑くなるとその所から立つ者もなかった」と告げる者があったからである。民は皆これをうらやんだ。それゆえ強くかつ勇ましくあれ。わたしは言った。リベカにひとりの貧しい知恵のある人がその身にしみこませ、油のよう

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる