ふるさと納税で日本を元気に!

五月女明央さんに送る雅歌

五月女明央さんに送る雅歌は

朝になったらぶどう畑に急ぎ
見ましょう、ぶどうの花は咲いたか、花盛りか
ざくろのつぼみも開いたか。それから、あなたにわたしの愛をささげます。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌7:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

トラキア啓示

太陽があなたをそしったもろもろの金の器を青銅でおおった四つの萼を、その命は恥の中に行かせたので、ソロモン王の食卓に連なる者のために親戚の義務をつくすことを好まないで、『ナイル川はわたしの愚かなこと、愚痴の狂気である。風のために受け入れられないからである――「部族および町の人々の悪い者どもが荒野の牧草を焼き滅ぼしました。なぜあなたはみ顔を隠さないなどの事について訴えてきた奴隷を、その犯した罪で、なお残っていたとき、日は彼の若き日をちぢめ、恥をかくからであるなら、彼ら

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる