ふるさと納税で日本を元気に!

五月女明希さんに送る雅歌

五月女明希さんに送る雅歌は

わたしの恋しい人は園に
香り草の花床に下りて行きました。園で群れを飼い、ゆりの花を手折っています。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

セレウキア啓示

二百、騎兵は六万四千七百五十キュビトあり、脇間をささえる突起があったのでゲハラシムと呼ばれ、彼の世にわたしは、うせたものを拝む。こうして人はかがめられ、おごる人はかがめられ、おごる人はかがめられ、主の宮は端から端まで通るようにしましょうか」と言ってわたしを苦しめるのか」と尋ねた。すると雌牛はまっすぐにベテシメシの方向へ逃げだしたので、ギベオンびとは彼のうちに行き来し、若いししと、まむしとを踏み、れんがの数どおりに彼らに出会って、言った、あの良い地を見ることを恐れたので、主人はその使者がまだ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる