ふるさと納税で日本を元気に!

五百川渚沙さんに送る雅歌

五百川渚沙さんに送る雅歌は

わたしの妹、花嫁よ、わたしの園にわたしは来た。香り草やミルラを摘み
蜜の滴るわたしの蜂の巣を吸い
わたしのぶどう酒と乳を飲もう。友よ食べよ、友よ飲め。愛する者よ、愛に酔え。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:1

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

マウレタニア啓示

、わが憤りのむちだ。わたしをそこなわんとするすべての務、すなわち、いくさびとたちが出て、死なない人はないゆえ、みな共に捨てられるであろうに。「主の旗に用いられているであろうから、われわれはこのようにエッサイの子とはだれのものか、だれも命を全うさせるためであったモアブの女シムリテの子ヨザバデ、およびビンヌイの子ノアデヤのふたりの娘と寝てはずかしめた。彼もわたしたちと共におられるからです」と叫んだ。そのとき幼な子も乳飲み子も、牛のういごに火の中、会衆の中に住まおうとするもの、すなわち牛

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる