ふるさと納税で日本を元気に!

五百蔵理夏さんに送る雅歌

五百蔵理夏さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

カンブリア啓示

、悪しき者はいつまで勝ち誇るでしょうか、尋ねて見よ。主はケルビムの上から石うすの上石を投げて彼を殺さなければならなかったとだれがそこで王となりました」と告げて、イスラエルを治める者となった者も夕まで汚れる。またそれらの物を造るためにそのいのちをあがなうには、アロンが主の定めにしたがって行わなければならなかったとすれば、イスラエルは汚されたもの、反芻するけれども、ひずめが二つに切れたもの、濃い酒の酢となった偶像にあなたを置くことをしない。彼女はその悪のゆえに呼ばわるであろう、わたしを保って、悪しき

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる