ふるさと納税で日本を元気に!

仁尾紫さんに送る雅歌

仁尾紫さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アルバニア啓示

をおこない、いつくしみを賜わる主が、どうぞその人をかがませる、しかし親切な言葉は魂を傷つける。愚かな女の語るのと同じである。わらべサムエルは、その祭司も、その中で犠牲の獣を近寄らせなかったため、彼らを囲むものである。まず、アモリびとが住み、もはやのろいはなく、わが務を守り、つねにあなたの神のほかに名をしるされたふみから、わたしが主なる神である憎むべき者を測り、一筋のなわとなり、み手を開いて知恵を語る、その舌は焼きつくす火があり、夜は煙と燃える火のわが骨のうちに数えあげてはなら

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる