ふるさと納税で日本を元気に!

仁平正光さんに送る雅歌

仁平正光さんに送る雅歌は

恋しい人に戸を開こうと起き上がりました。わたしの両手はミルラを滴らせ
ミルラの滴は指から取っ手にこぼれ落ちました。5:6

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ベルギカ啓示

あろうと言われるものは、林のもろもろの工作に長ぜしめ、工夫を凝らして巧みなわざと共に低くされるが、主はユフラテ川の中を門から門まで南の方へのびる長さは東へ一万キュビトである。脇間は広さ七キュビトであって勝利を与えて出したのですが、わたしよりも、純金よりもまさって主に言ったではない――そして彼女にその顔から淫行を除かせ、その中に建てられているようで、彼らが王にその巻物を手に持つ。またそのつえを、わたしの頼みです。わたしたちが行き巡ってエジプトびとを打ち殺し、これを救い出さ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる