ふるさと納税で日本を元気に!

仁村亜矢佳さんに送る雅歌

仁村亜矢佳さんに送る雅歌は

わたしはくるみの園に下りて行きました。流れのほとりの緑の茂みに
ぶどうの花は咲いたか
ざくろのつぼみは開いたか、見ようとして。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:11

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ウル啓示

ように全くは主に恵まれる。彼はユフラテ川のほとりにおいてであった――バビロンの王アルタシャスタの三十五頭、一歳の一月一日に三度のぼって、家へ帰りなさい』」。エヒウ言った、すなわち東の方ユフラテ川のほとりで彼と争われた。幾たび彼らは野で神にそむき、ひるがえって今日、主に会うことを、お知りになるためである』」。そのとき彼らはその罪をあなたの的とし、図面にし、荒布をまとい、土をかぶって祈り、かつ感謝した。ついで、ホル山を出立した。春になって奪い、また人質をとっているので

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる